人格は繰り返す行動の総計である By アリストテレス

素敵な言葉なので、紹介いたします。

理念に沿った行動を習慣化する

人格は繰り返す行動の総計である。
それゆえに優秀さは単発的な行動にあらず、習慣である。

これは、古代ギリシャの哲学者・アリストテレスの言葉です。
私が以前に通っていた中小企業診断士の受験校が
アリストテレスの言葉を引用して
「合格は繰り返す行動の総計である」
と言っていたことをふと思い出しました。

アリストテレスの言葉は
「たまに立派なことをする」よりも、
「日ごろの行動、習慣」が重要だということを意味しています。

では日ごろ、どのような行動をすれば良いのでしょうか。
悩む方がおられるかもしれません。

「理念に沿った行動」をすれば良いのです。

理念を持てば、判断基準が明確になる

企業に「経営理念」があるように、
個人でも「活動理念」を定めることをオススメします。

理念を持つことの最大のメリットは、
「判断基準が明確になる」ということです。
意思決定をする場面は、数多く存在します。
どっちにしようかなと迷う場面もあると思います。
そのときに「自分の理念に沿っているか」を考え、
意思決定して、行動するのです。
そうすることで考える時間、迷う時間が短くなり、
迅速な行動につながります。

「理念→行動」を繰り返し、習慣化することで、
ブレない軸が生まれることでしょう。

かつて、アリストテレスが言いました。

誰もが志を持ちやすく育みやすい社会の実現に貢献します

私の活動理念は、影絵を通して、経営支援を通して、
「誰もが志を持ちやすく育みやすい社会の実現に貢献すること」です。

自分で感じ自分で考える習慣の積み重ねによって、
「志」を持ちやすく育みやすくなるのではと考えています。

私たちの影絵劇は、参加型体験型で、
自分で感じ自分で考えていただくきっかけを提供いたします。

こんな影絵劇にご興味のある方は、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください