これをやっておけばOKという方法はない

これさえすれば良いという方法があれば楽ですが、
そんな方法はありません。

本質を考え、自分なりに行う

他の人がこうやって上手くいっているから
自分もやってみようと考えるのは良いと思います。
でも、それをやってみて、上手くいくかどうかは分かりません。
同じようにできるのかという問題もあります。
上辺だけを見て同じようにやっているつもりということも多いのです。

他人の方法を真似る、他人の方法から学ぶには注意が必要です。

大事なのは、「本質が何かを考えること」と「自分なりの方法を行うこと」です。

本質は、思いや気持ちの部分もあるでしょうし、
技術的なものもあるでしょう。
本質は何だろうと考えることが重要なのです。

そして、自分なりの方法を考えるのです。
それぞれ経験も能力も違います。
自分の経験、能力に合った方法をすることが重要なのです。

自己責任が大切

「これさえすれば」という考えをしていると、
上手くいかなかったとき、他人のせいにしてしまいます。

「あいつが上手くいっているのに!」「なぜ俺だけ!」

そんなことを考えても意味はありません。

自分で感じて自分で考えて自分で行動することが大切なのです。

これができればOKという方法があれば良いのでしょうが、
そんなものはありません。
追い求めていても仕方がありません。

自分で感じて自分で考える影絵劇

私たちは、参加型体験型の影絵劇をしています。
お子さまたちに影絵劇の人形を持っていただくシーンがあります。
自分で感じて自分で考えることを大切にしています。

こんな影絵劇にご興味がございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください