この世に起こることは「偶然」か「必然」か

よく聞く問いですが、私の考えをお話しします。

必然だと面白くない

私は「偶然」だと考えています。

偶然じゃないと納得できないことが
たくさんあるからです。

例えば、事件や事故、災害や病気などなどに
遭遇してしまったのは必然ではないでしょう。

自分の力が全く及ばない
「自然」や「赤の他人」によって、
人生の大きな転換期を迎えることがあります。

これは「偶然」、
たまたまそこに住んでいたから、
たまたまその時間にその道を通ったから、
遭遇してしまったのでしょう。

事件や事故、災害や病気に必ず遭遇するなんて
最初から決まっていたら、人生おもしろくないです。

この世は「偶然」の積み重ね

世の中には、選択肢がいくつもあります。
あのとき、「あっちの道に行っていたら」
と考えることがあるのではないでしょうか。

分かりやすい例では、進学・就職がそうでしょう。

別の高校・大学に行っていれば、
出会う人が変わります。
経験したことが変わります。
そうすれば、その後の人生に大きな影響があるでしょう。

志望した高校・大学に進学できないこともあります。
これも「偶然」です。
試験問題や受験生のレベルなどの要因が絡んできます。
望んだところに進学できないのは、「必然」ではないでしょう。

ただ、自分でコントロールできることは、
最善を尽くして、最善の選択肢を選ぶことが大切です。
結果は、自分でコントロールできない要因によって
上手くいかないこともありますから。

とにかく自分にできることに集中しましょう。
そして「偶然」を楽しみましょう。

影絵との出会いも「偶然」

影絵劇をしていると、
多くのお子さまたちと出会います。
偶然出会ったもの同士が
一緒に影絵劇をするって面白いですね。

私が影絵劇に出会ったのも「偶然」なのです。
それを長年やっているのですから、不思議なものです。

こんな影絵劇にご興味がございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください