おうちでも影絵劇は出来るの?

こんな感じで影絵人形を操作します

できます。
3つのものがあれば、できます。

まず1つ目。
光を発するもの、照明器具が必要です。
多くの劇団はプロジェクターを使用していますが、
おうちでは懐中電灯が最適ですね。
ただし、蛍光灯は影絵劇に向きません。
光の進行方向が一定でないので、
影がハッキリ映らないのです。

2つ目。
影を映すものが必要です。
劇団ではスクリーンを使用しますが、
障子、白いシーツなどで代用可能です。
影絵を楽しむだけなら、
壁や晴れた日の地面など、
いろんなところで出来ますね。

そして3つ目。
影にするもの。
手や体、人形などです。
キツネやカニの手影絵は
多くの方々が知っていると思います。
また、多くの劇団では人形を使用しています。

影絵劇団「打ち出の小づち」の公演では、
手影絵の作り方や簡単な人形の作り方もお伝えします。

3つがあれば、おうちでも影絵劇が楽しめるのです。
ご家族やお友達、地域の方々とぜひ影絵劇をお楽しみください。

 

児童数の多くない小規模の(おおむね100名未満の)
小学校や保育園などで影絵人形劇の出張公演を承ります。
(大規模の場合は、2ステージ公演をオススメします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください