「騙されたつもりでやって!」「死ぬ気でやれ!」という言い方は理解できない

いつも考えていることを書きます。

騙されたくないし、死にたくない

ときどき「騙されたつもりでやって!」「死ぬ気でやれ!」
と言う人がいます。

「騙されたつもりで」というのは、
とにかくやってほしいときに使うことは理解できます。
「これをやったらこの良さが分かりますよ」と伝えたいのでしょう。

でも相手に「何も考えずにしろ!」と言っていることと同じです。
「何も考えずに」って怖いと思うのです。
相手の思考をコントロールしようとしています。
そして行動、あげくのはてには感情もコントロールしようとしています。
ちょっと怖いです。

「死ぬ気で」というのは、
覚悟をもってやってほしいときに使うことは理解できます。
「俺は、私は、本気で取り組んでいるんだからお前も」
みたいなことを伝えたいと思うのです。

でもその取り組みに対する好きな度合い、気持ちの入り具合は
人によって異なります。
みんながみんな同じ度合いの気持ちを持っているとは限りません。
これも、相手の思考・行動・感情をコントロールしようとしています。
ちょっと怖いです。

そんな言い方をしても伝わらないと私は考えています。
そのもの、そのことの
良さ、素晴らしさ、意味などを伝えることのほうが重要でしょう。

相手をコントロールしようとしても無駄

コントロールできるのは自分自身だけです。
親であっても、上司であっても、先輩であっても、先生であっても、
相手をコントロールしないように意識することが大切だと考えています。
そのほうが相手との関係が円滑に行くと考えています。

まずは信頼関係を築くために、自分が何をするか
を考えて行動することが大切なのです。

お気楽に参加・体験してください

私たちは、参加型体験型の影絵劇をしていますが、
参加・体験したくなければ、それもアリです。
参加・体験される方々には
お気楽に参加・体験できるようにしております。

こんな影絵劇にご興味のある方は、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください