「自分らしく生きる」ということ

誰もが自分らしく生きたいと考えていることでしょう。
今日は「自分らしく生きる」を考えます。

自分で感じて自分で考える

「自分らしく生きる」とは、
「自分で感じて自分で考えること」だと私は思います。

「そんなの当たり前でしょ?誰でも自分で感じて自分で考えてるよ!」
とおっしゃる方もおられるかもしれませんが、
自分で感じられない、自分で考えられないケースもあるのです。

例えば、親や先生の顔色をうかがってばかり考えている子供、
空気を読むことばかり考えている人、
上司に嫌われないことばかり考えている人…

親や先生が正しいとは限りません。
多数派が正しいとは限りません。
上司が正しいとは限りません。
無条件で、親や先生、上司、周りの意見を
受け入れていることを続けていると、
自分で感じて自分で考えることができなくなる恐れがあります。

まずは自分がどのように感じて、どのように考えているかに注目することが大切なのです。

自分の感じ方、考え方を押し付けるのはダメ

逆に言うと、子どもや生徒、部下などの意見を無視して、
無理やりやらせたり、自分の意見を押し付けたりすることはダメです。

まずは、子どもや生徒、部下などが
どのように感じているのか、どのように考えているのかをくみ取るように努めることです。

あなたは、自分らしく生きていますか?
あなたの周りの人は、自分らしく生きていますか?

影絵劇が「自分で感じて自分で考える」きっかけに

私たちは、参加型体験型の影絵劇を行っています。
お子さまたちに影絵人形を持っていただくシーンがあります。
お子さまたちに、自分で感じて自分で考えていただきたい
との思いで影絵劇をしています。

こんな影絵劇にご興味がございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください