「得意なこと」と「好きなこと」、したいのはどちら?

自分なりに優先順位を考えてみませんか。

得意なことは相対的評価、好きなことは絶対的評価

他人よりもできることが得意なことではないでしょうか。

他人と比較をしなければ、
「得意なこと」かどうかがはっきりしません。
「得意なこと」は、相対的に決まるのです。

一方、「好きなこと」は、他人と比較しなくても分かります。
自分自身の気持ちだけの問題です。
「好きなこと」は、絶対的に決まるのです。

だから、「好きなこと」をするほうが良いでしょう。

他人と比較をすると疲れます。
得意だと思っていたことでも、
もっと得意な人が現れると、
得意とは言えなくなる場合もあります。

「好きなこと」には、他人は関係ありません。
自分が「好き」と言えば、好きなのです。
「好きなこと」をしているほうが楽しいでしょう。
だから、「好きなこと」をするほうが良いのです。

そんな私は「卓球」が好きです。

誰が何と言おうと、影絵劇が好きです

影絵が得意かといえば、
もっと上手に手影絵を作る人もいますし、
もっと上手に人形を動かす人もいますので、
その人たちと比べれば、
得意とは言い難いかもしれません。

しかし影絵劇が好きなのです。

私よりも好きな人がいるかもしれませんが、
私も好きです。誰が何と言おうと。

こんな影絵劇にご興味がございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください